大量の工事図面の整備 〜廃棄と電子化の実施〜

電子化 事例 No.1

大量の工事図面の整備 〜廃棄と電子化の実施〜

お悩み

これまでの工事図面は、古いものはレンタル倉庫など、最近のものは職場においているが、整理されていないので、

①欲しい図面を出そうと思ってもどこにあるかわからない
②必要なものとそうでないものの区別がついていない
③職場のいたる所に図面があり場所をとられて邪魔になる

ご希望

①職場から図面の山をなくして仕事のしやすい環境にしたい
②ただ倉庫に保管するのではなく欲しい図面がすぐに出てくるようきちんと整理された状態を保ちたい

ご提案内容

①まず図面整理、図面のリスト作成を行い、必要でない分に関しては廃棄します
②その後いつでも欲しい図面をお届けする環境を整えます
③そして新しいものから徐々にパソコンで図面を検索・閲覧できるようにしていく

実施内容

工事図面を預かり一本ずつ筒内の図面を整理、リストを作成。お客様がもう必要でない分は廃棄。
残りはスキャナを使って電子化し、工事名ごとにMOへ保管。MOはお渡しし、図面はその後当社のドキュメントセンタに移して保管。

改善効果/今後の計画

今後発生するものは整理・リスト作成後電子化し、紙はドキュメントセンタにて保管。
庁内とレンタル倉庫にある分は整理とリスト作成し、同じくドキュメントセンタで保管予定。

お問合せはこちら