【文書管理の導入事例】紙カルテや診療情報関係資料をお預かり
【概要】電子カルテを導入時に過去の紙カルテの登録は選択しなかった病院へ、紙カルテのお預かり及びデリバリサービスをご提供。
あわせて、電子カルテ導入後の同意書・紹介状等の紙原稿の原本保管にも対応。

ユーザー概要S〇〇病院

電子化事例_病院

 

業種 病院
病床数 60床
事業内容 診察、研究
導入の狙い

・電子カルテ導入後も紙カルテを保管していた部屋に新たに検査機器を導入したい。
・電子カルテ導入後も、同意書・紹介状等の紙原稿の原本が発生。e-文書法対応するほどでもないので原本保管をしたい。
電子化事例カルテ
解決策
・ID、氏名、性別、生年月日等の必要情報をExcelで一覧化し、お客様と共有。
・IDごとにカルテ等をお預かりし、取り出し/再預り要求があれば、施錠できるケースに収納したうえでお届け。
実施内容
・紙カルテは、患者IDごとに管理できる状態でドキュメントセンタにてお預かり。
・紙カルテのID、氏名、性別、生年月日等の必要情報をExcelで一覧化し、お客様と共有。
・電子カルテ導入後の紙書類については月ごとに箱づめし、ドキュメントセンタにてお預かり。
・カルテを閲覧したい時にはID番号で取り出し依頼を受け、施錠できるケースに収納した状態でお届けする。鍵は、お客様と倉庫で1本づつ管理。
文書管理の導入事例
導入したメリット
・紙カルテを保管していた部屋に、検査機器の導入ができた
・電子カルテ導入後も保管していた紙資料のスペースが打ち合わせスペースに活用できた。
・カルテ移送中に万が一事故が発生しても、情報流出の不安がなく、安心できる。
ユーザーの声
・過去の紙カルテはほとんど見ないけれど廃棄はできないし、学会の前などは先生から閲覧の依頼があるので、手元に置いておく必要がありました。
・紙カルテ移送中の情報流出を心配していたので、施錠できるケースでの運搬をご提案いただき、安心しています。

まずはお気軽にご相談ください。


兵庫県の神戸市、淡路市、加古川市、姫路市から地域の企業にお役立ち!