経営憲章

社 是

この社是を永遠のテーマとし業種業態を超えて会社存立の基盤とする。

わが社は、価値あるお役立ちで
全員の品性・人格の完成をめざし
 社会の繁栄とより多くの人々の幸福を追求する。

社是のこころ

1.  わが社は、関係する社会と人々に対して【価値ある『お役立ち』】を果たし続け、利益を蓄積する。

2.  幸福は人生の目的であり、幸福を実現する要因として、学力・知力・体力・金力・権力というような力も大切だが、【品性・人格】がその根本である。わが社は、それ故に【品性・人格の完成】をめざし続ける人材を蓄積する。

3.  そしてわが社は、社会の【繁栄】に貢献し、及ぶ限りの多くの人々に精神的にも経済的にも真の【幸福】をもたらし、 社会的信用を蓄積する。

社 訓

この社訓は、社是を実現するためにトップが全員に示す基本精神である。

shakun

▲創業者 和田盛郎筆

信 義 誠 実

約束を守り、努めを果たすことと、対する相手にいつも正直に向き合うことです。

感 謝 報 恩

生かされていることを悟り、生かされている自分を大切にし、その自分を役立てて恩に報いることです。

相 互 信 頼

人間性の根本は皆、等しく善である。この人間観を持ち、人を信じることで相手に信頼で応えようとする 気持ちをこの言葉で絆として結びたいものです。

公 明 正 大

心が開き、明るく、私欲ではなく世の中の為、人の為という公欲へと心が向いていることです。

順 応 同 化

私たち人間が生成発展・進歩発達し成功をおさめるには自然の法則や社会の法則の順応同化することが大切であるということです。

共 存 共 栄

人間社会は一つの組織です。お互いが生き抜くための切磋琢磨をして初めてそこにお互いの繁栄があるという考え方です。私たち人間が生成発展・進歩発達し成功をおさめるには自然の法則や社会の法則の順応同化することが大切であるということです。

経営理念

私たち六甲グループは、「お客様満足度No.1」の立場をとり、次の三つの主義に基づいて社業を展開します。

一、情報活性化主義

わたくしたちは、情報関連商品の多様な提供を通じてお客さまの事業所における情報の活性化に貢献します。

一、地域密着主義

わたくしたちは、地域市場でのキメ細かい活動を通じてお客さまの個別的で多様なニーズに対応します。

一、お役立ち継続主義

わたくしたちは、ビフォア・イン・アフターの各サービスを通じてお客さまとの継続的信頼関係を大切にします。

社員行動指針

わたくしたちは、社訓の精神に基づき以下の通り行動する。

一、より高いチーム目標をたてよう

目標への挑戦は和をもたらす

一、計画・実行・チェックをサイクル化しよう

なりゆき任せは失敗をまねく

一、時間を大切にし、期限を守ろう

時間の無視は罪悪である

一、コスト意識を徹底しよう

コスト無視は利益の害虫である

一、創意と工夫の目を拓こう

創意と工夫は発展をもたらす

一、正確な情報の伝達に努めよう

正確なホウ・レン・ソウは業務の基礎である

一、キビキビとした動作をしよう

機敏さは職場を明るくする

一、常に健康に注意しよう

責任と義務は健康を要する

一、信念と勇気を持って取り組もう

迷う行動は退歩と後悔あるのみ

一、自己啓発の努力をしよう

自己を磨く努力こそ成長の糧となる