お役立ち情報一覧

DXの「2025年の崖」とは~レガシーシステムとサイロ化~

DX2025年の壁レガシーシステムとサイロ化

まずはお気軽にご相談ください。


 

そもそも何故 DXって言われはじめたのか

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革することと、既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすものと言われています。

ご存知の通りDX推進の波はグローバル化しておりますが、日本国内におけるDXはIT先進国と比較して大きく出遅れています。
経産省が2018年9月に「DXレポート」を公表し、多くのメディアがその内容を取り上げ「DX」が多くの企業の高い関心を集めるようになりました。

DXを実現しなければならない理由の一つに「2025年の崖」があります。今回は「2025年の崖」について詳しく説明します。

『2025年の崖』をご存知ですか

『2025年の崖』という言葉は、経産省から2018年9月に公表された「DXレポート~ ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」でレポートの副題で使われました。

そのレポートの内容を簡潔にまとめると、以下3つの観点から提言されています。

1)企業が現状で運用しているレガシーシステム(古い技術や仕組みで構築され、複雑化・ブラックボックス化したシステム)ではグローバル社会・デジタル社会に対応できない。

2)システムを刷新しないとグローバル競争はもとより、企業の国内での競争優位性を保てない。

3)それを回避するためには企業や業界全体が DXを意識的に進めるしかない。

DX2025年の壁問題

 

具体的には、このまま2025年までに企業のITシステム刷新が進まなければ、このような問題が想定されます。
1)実に全体の6割の企業が21年以上も前のシステムを使い続けている状況となり、企業の IT予算の9割が保守運用に費やされる。

2)古くなったシステムを無理して使用しているため、システムの構造が次第に複雑化し肥大なものとなり全体像を把握することが難しくなる。(ブラックボックス化)。

3)部門や部署ごとに部分最適化したカスタマイズは、当時のエンジニアの高齢化や離職・異動などで中身や経緯がわからなくなり、トラブルが発生してもメンテナンスが困難になり、アップデートができない。

4)システムの保守に必要な当時の技術を知っているエンジニアが定年退職などで企業に不足し、当時のシステムから新しいシステムに刷新できる人材が不足。結果的に IT人材が43万人も不足する。

私見ですが、ここ数年間で毎年のように起こる金融システムの障害はレガシーシステムが影響しているのでは……
最悪のシナリオとして「2025年の崖」が現実になった場合は、日本経済全体で12兆円の経済損失が生じるといわれています。

 

「2025年の崖」の原因の1つ“レガシーシステム”とは

DXとはデジタルデータとデジタル技術を使って競争優位性を確立していくことです。
IT技術は日々進歩しており、先進的な企業は最新のIT技術を取り込んでビジネスをアップデートしています。逆にレガシーシステムを利用している企業は競争上の優位性を失うことになります。結果、DXの実現が難しくなります。

DX2025年問題レガシーシステム

 

事業運営に欠かせない複数サービスのサポートが終了します

今もまだ企業での利用が多い NTTの ISDN回線や、基幹システム世界ナンバーワンのシェアを誇る企業などが2025年前後にサポートを終了する動きがあり、それ以降の保守メンテナンスなどが受けられなくなる可能性があります。

セキュリティリスクが増大します

老朽化した基幹システムなどを使用している場合には、最新のセキュリティプログラムに対応していないものも多く、事業を継続するうえで重要なデータを漏洩してしまうなどセキュリティ面でリスクが高くなってしまいます。

業務効率が悪化します

古い基幹システムは部門ごとにばらばらに構築され(※サイロ化)、なかには企業の業務に合わせシステム的非効率にカスタマイズされているものもあり、情報の共有や横断的な利用が困難なものがあります。複雑化が進み「ブラックボックス」となっているシステムさえあります。

今あるデジタルデータのクレンジングと統合を行い、レガシーシステムを刷新して「2025年の崖」を回避しましょう。

※サイロ化とは

サイロとは農作物や家畜の飼料を保管する貯蔵庫のことです。

DX2025年問題システムのサイロ化

IT用語としての「サイロ」はアプリケーションやシステムが独立し、相互に連携が取れなくなっている状態を指します。業務や部門ごとの部分最適がサイロ化の1つの大きな原因となっています。

 

今あるデジタルデータのクレンジングと統合を行い、レガシーシステムを刷新して「2025年の崖」を回避しましょう。

 


まずはお気軽にご相談ください。


兵庫県の神戸市、淡路市、加古川市、姫路市から地域の企業にお役立ち!

関連記事